大学駅伝三冠、出雲駅伝2016、全日本大学駅伝2016、箱根駅伝2017へ向けて要チェックの雑誌「大学駅伝2016春号」が発売されました。

今回の特集はエースの覚悟ということで8大学、10選手のインタビューが掲載されています。

さらに3強として青学・東洋・駒澤大学の監督のインタビューや2016年大学生男子5000mランキングなど今シーズンの大学駅伝の予想を楽しめる一冊となっています。

私も購入しましたが読み応えがあり駅伝シーズンが待ち遠しいだけでなくトラックの結果にも注目したくなりました。


Amazon:大学駅伝2016春号 2016年 06 月号 [雑誌]: 陸上競技マガジン 増刊
楽天:陸上競技マガジン増刊 大学駅伝2016春号 2016年 06月号 [雑誌]

年間6冊ほど発売される陸上競技マガジンの増刊「大学駅伝2016春号」です。

紹介されている各校のエースは10選手。

青山学院大学 一色恭志(4年)
東洋大学 服部弾馬(4年)
駒澤大学 中谷圭佑(4年)
早稲田大学 武田凛太郎・平和真・井戸浩貴(4年)
東海大学 林竜之介(4年)
順天堂大学 塩尻和也(2年)
日本体育大学 秋山清仁(2年)
山梨学院大学 上田健太(3年)

一色選手、服部選手、中谷選手は4ページにわたるロングインタビューです。
オリンピックへの思いもあり駅伝ファンだけでなくロード・トラック全ての陸上ファンが楽しめる内容だと思います。

監督インタビュー
青山学院大学 原晋
東洋大学 酒井俊幸
駒澤大学 大八木弘明

キャプテンを選んだいきさつや今シーズンの現在の戦力を監督がどうみているかなど面白い内容でした。

さらにルーキー特集として新入生の入学時点の5000mのタイムのランキングや2016年の大学生男子5000mランキングなど駅伝シーズンに向け各校の戦力を確認できる一冊になっています。

次の大学駅伝2016夏号は7月30日発売です。